家の浄化

スピリチュアル的な話になります。そんなの知らんわという人は、読むのはおすすめしません。

家相や風水

一般的に、土地の形、日当たり、家の形や、どのような土地だったか、方位学的に良いのか、大きな川はないか、高速道路はないかなどなど、書籍をよんだり、サイトをみればわかると思います。

家相や風水は、無茶苦茶なことを言っているわけでなく、常識的科学的に見えてもそうだという部分も多いです。

例えば、陰の気が強くなる河川ですが、近くですと水害のリスクや虫が発生しやすいといったことがあります。高速道路の近くも、騒音排ガスがありますし、高圧電線の近くは植物がかれたり、マツクイムシがたくさんできたりという事実もあります。変形地は不動産価格も安いですから、何かしらの理由があるんですね。

アースシップのような半地下にあり、電気ガス水道をなくして生活できるような家が理想な気がしますが、日本では認められてないですよね。利権もありそうだし・・・。

家を浄化するって何?

スピリチュアル好きな人向けの話です。へえーくらいで聞いてください。

もちろん、ものは少ない方がいいです。断言できます。各ミニマリストの方が言っている通りです。ホリエモンも著書でいっていますね。メンテナンスや維持費、置き場所もありますから、当然ですよね。ただ、人によって大事なものは違いますから、全部なくせという話ではないと思います。個人の考えでそこはいいと思います。

さてさて、では、「家」です。

私たちは家にだいたい住んでいます。ホテル住まいや、車で過ごす人もいるかと思います。

ここでは、賃貸や持ち家などある一定の場所で過ごす家について書きます。

どうしても、長い時間すごる住まいの影響は強く受けます。

寝ている間も受けています。

外出先から「お持ち帰り」したものもどうしてもあります。良いものを持ち帰りすればよいですが、、、。

寝具や衣類には念や邪気がどうしても溜まりやすいですし、人の出入りにともない、いろんな目に見えない部分での出入りもあります。盛り塩したり、換気をしたり。お香をたいたり、アロマをしたり、布団や洗濯を干したりして、そのために対応しているのかなと思います。

人間と同じように、家の浄化ができます。気になる方は一度ご連絡を下さい。